このサイトは記事内に広告を含む場合があります。

【りゅうおうのおしごと!】アニメの続きは原作小説(ラノベ)の何巻?

ぽんず

こんにちは、ぽんずです。

今回は「りゅうおうのおしごと!」のアニメの続きは原作小説の何巻から読めばいいのか紹介します。

アニメと原作小説には大きな違いがあるので、そちらも簡潔に。

それでは、詳細を具体的に紹介します。

⚠︎アニメ・ラノベのネタバレがあるのでご注意ください。

目次

『りゅうおうのおしごと!』原作小説について

著:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫
著者/イラスト白鳥士郎/しらび
刊行数(2023年11月現在)18+3巻

原作小説は『熱い』の一言です。

熱血バトル漫画のような熱さを文字に落とし込んでいる『化け物』だと感じています。

成長し、己の道を進んでいく登場人物の姿に何度も心動かされる。そんな作品です。

ぽんず

泣きます。

完結しているのか

A.完結していません

2023年11月現在、最新18巻まで発売されています。

ぽんず

作者の白鳥士郎さんのツイートも載せておきますね。

続きはどこから読めばいいのか

ぽんず

原作小説とアニメを比較するとこんな感じです。

ライトノベルアニメ(話)
1巻1~3
2巻4,5
3巻6,7
4巻8,9
5巻10~12

以上の図からアニメ12話の続きは『りゅうおうのおしごと!6巻』から読み始めるのが良いです。

本作は原作小説5巻までを12話として放送したため、全体的に駆け足感がある作品になっています。

大幅にストーリーがカットされているので、1巻から読むことをお勧めします。

ぽんず

アニメで既に内容を知っていても間違いなく面白いです。

ただし、「1~5巻を読まないと6巻以降を読む上で大きな問題があるのか」といと、そこまで大きな問題はないのかなと思います。

そのため続きがすぐに読みたい!という方は6巻からでも大丈夫です。

※スピンオフ作品もある

本編の18巻とは別にスピンオフの3冊が存在します。

りゅうおうのおしごと!15.5 ~髪を切った理由~
りゅうおうのおしごと!16.5 ~あねでしのおしごと!~
りゅうおうのおしごと!17.5 ~天ちゃんのおしごと!~

どれも電子書籍のみの販売となっているので、頭の片隅に入れて置いてもらえると嬉しいです。

ぽんず

紙でも販売して欲しいですね。

アニメとラノベの違いは?

基本的にはラノベを省略したものがアニメになっており、アニメだけのエピソードなどは少ないです。

12話という短い時間に本作の”あらすじ”は上手くまとめられていると感じますが、原作の本当の魅力は伝わっていない気がします

違いと言ってもたくさんあるので、一部だけの紹介です。

対局中の描写

「りゅうおうのおしごと!」3巻/口絵より

こちらは間違いなく原作小説の方が面白いし、圧倒的に『熱い』です。

白鳥先生の心理描写が非常に上手く、しらび先生の絵がカッコ良すぎます。

将棋という動きが少ない競技でスポ根となんら変わりない熱さを文章で表現しており、将棋が詳しくない方にも伝わる「感動」を実感できます。

しかしアニメが面白くないわけではなく、原作小説で描かれていない対局内容(盤全体)を見ることができるので小説とは違った楽しみ方ができますよ!

ちなみですが、各話の棋譜は「りゅうおうのおしごと!アニメ公式サイト」から閲覧できるのでぜひ。

ぽんず

ちなみに私は駒の動かし方を知っている程度です。

2巻 九頭竜八一vs月光聖市(会長)

「りゅうおうのおしごと!」2巻/248~249Pより

アニメ4,5話では夜叉神天衣やしゃじんあいは、出会い→研修会入会試験→夜叉神(父)の記念対局の回想という流れで八一の弟子になります。

しかし原作小説では入会試験の前に一度、天衣は月光会長の(書類上)弟子になるのが本来のお話です。

その後、入会試験を経て「やはり自分が師匠として天衣を育てたい」と感じた八一が師匠の権利をかけて、月光会長と対局します。

この対局が個人的に竜王・九頭竜八一の始まりだと感じているのですが、尺の関係でカットされました。

~感想戦~がアニメにはない

「りゅうおうのおしごと!」1巻/301Pより

原作小説には巻末に必ず「感想戦」という女流棋士の月夜見坂燎つきよみざかりょう供御飯万智くぐいまちによる約10Pほどの物語が展開されています。

主に本編の裏側の話が書かれていますが、アニメでは尺の関係で全カットです。

内容もしっかり面白いですし、感想戦の内容を知っていた方が本編を読んだ際にもっともっと楽しめると思います。

違いのまとめ

今回紹介したのはほんの一部で、まだまだアニメとの違いは存在します。

りゅうおうのおしごと!の本当の魅力はアニメでカットされている箇所にこそ「ある」と感じています。

では、アニメには魅力がないのかと言われるとそうではないです。

実際私もアニメを見て魅力を感じ、原作小説を購入しました。

原作小説を読んだ後、もう一度アニメを見返してみると「あ、あれ?」と感じることも確かです。

ぜひ皆さんに読んでほしい作品であると感じています。

マンガで続きは読めないのか

2023年11月現在、マンガ版「りゅうおうのおしごと!」は10巻まで刊行されています。

しかし、最新10巻でアニメと同じところ(第30回竜王戦)までしか進んでいないのでマンガで続きを読むことはできません。

内容は原作小説寄りでアニメでカットされたシーンもしっかり描かれています。

ラノベ・アニメとはまた違った作画になっているので、違和感を覚えてしまう方も多いですね。

ぜひ、Amazonなどでサンプルを読んでから購入するか検討してください。

2期の制作・放送予定はあるのか

2023年11月現在、「りゅうおうのおしごと!」2期の情報はありません

原作ストックは十分にありますが、円盤の売り上げが良くないみたいですね。

もし続編の製作が決定し、情報が発信されるとしたら以下の場所が考えられます。

著者・白鳥士郎さんのTwitter:@nankagun
イラスト・しらびさんのTwitter:@shirabii
「りゅうおうのおしごと!」公式Twitter:@Ryuoshi_PR
「りゅうおうのおしごと!」公式サイト:https://www.ryuoh-anime.com/

ぽんず

チェックしてみてください!

まとめ

アニメ(12話)の続きは原作小説の6巻から。

主なアニメと原作小説の違いは以下の点です。

  • 対局中の描写
  • 大幅にカットされたシーンが複数ある
  • ~感想戦~がアニメにはない

間違いなくアニメより面白いと断言します。

ぽんず

泣けるのでぜひ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次